株式会社アトラス 非破壊検査

FSM実施例 モニタリング

マーク 橋梁

橋梁での検査にFSM検査を用いる場合、交通規制の必要がなくなり、高所での作業を減らせるといったメリットがあります。

適用可能な範囲は、鋼製部材全般(床板・桁・橋脚)、溶接部、隅肉溶接部、埋設構造物などです。

例えば、橋梁の架台部のFSM検査では、主要な溶接線に直行となる様にセンシングピンを設置して、

電流を印加することによりセンシングピン間の電位差を計測し、

溶接部に発生する割れを【モニタリング】【発見】することができます。

◆サイトマップ    ◆サイトご利用について  

株式会社アトラス 著作権表示