株式会社アトラス 非破壊検査

FSM実施例 着脱式検査

マーク タンク底板

タンク底板の検査にFSM検査を用いることで、 タンクを開放せずに腐食の状況を知ることができるので

プラントの効率的な運営、管理に貢献できます。

板厚分布はタンクを開放して、センシングピンを格子状に取り付ければ、詳細に測定可能ですが、

開放しなくても犬走り部にセンシングピンを設置して測定を行えば、 スクリーニング検査(粗探傷)は実施可能です。

その場合、2方向から測定を行い、これらの測定結果を用いて板厚分布を測定します。

非破壊検査 FSM 着脱式検査 タンク底板測定イメージ図

タンク底板測定 1

タンク底板測定 2

タンク底板測定 3

タンク底板測定 4

タンク底板測定結果

◆サイトマップ    ◆サイトご利用について  

株式会社アトラス 著作権表示