株式会社アトラス 非破壊検査

FSMについて…

マーク 設置作業の流れ(保温付高温配管の例)

モニタリング装置付属機器取付

  • 1.電極ピン溶接作業
  • ・スタッドピン設置箇所をグラインダで研磨。
  • ・スタッド溶接機で計測電極ピンの溶接を行う。

スタッド溶接機

スタッド溶接ガン

スタッド溶接風景

スタッド溶接後の配管

  • 2.電流供給用及びセンシングケーブル配線
  • ・電流供給用及びセンシングケーブルの電極ピンへ接続を行う。
  • ・通電による断線チェックを行う。
  • ・電極ピン周辺の防食用コーティングを行う。

  • 3.電流供給用及びセンシングケーブル引きだし(保温配管の場合)
  • ・該当箇所の保温・板金復旧に際し,ケーブルの引きだしを行う。
  • ・コネクタ部の養生を行う。(端子箱を鉄骨支柱脇などに設置し,その中に収納する。)

  • 4.FSM-IT装置本体の調整・測定・トレーニング
  • ・各箇所毎にタグの設定を行う。
  • ・各箇所毎にFSM-IT装置本体の初期設定及び動作確認を行う。
  • ・FSM-IT装置本体の計測手順などのトレーニングを行う。
  • ■使用機器
  • ・ディスクグラインダ
  • ・スタッド溶接機
  • ・FSM-IT測定器
  • ・ノートパソコン

◆サイトマップ    ◆サイトご利用について   ◆English  

株式会社アトラス 著作権表示